Top > 大般若長光

【sWIKI】からのお知らせ
「https:」での通信が可能となりました。不具合がありましたら御手数ですがこちらより御連絡頂けますよう宜しくお願い致します。
大般若長光
HTML ConvertTime 0.037 sec.

| | | 鉄砲 | その他 | 専用装備

刀.png
攻撃.png 攻撃25対空.png 対空速度.png 速度範囲.png 範囲
会心.png 会心防御.png 防御12後詰.png 後詰しんがり.png しんがり
運.png技能.png 技能
人知.png 人知動物.png 動物神仏.png 神仏
自然.png 自然海洋.png 海洋鳥虫.png 鳥虫

初期装備城娘 Edit

開発 Edit

  • 報告例
    • 6/10/6/6(殿Lv45)

その他入手方法 Edit

伝来・解説 Edit

鎌倉時代の備前国の刀工・長光作の太刀。国宝に指定されている。
国宝指定名称は「太刀 銘長光(大般若長光)(たち めいながみつ(だいはんにゃながみつ)」


足利将軍家の第十三代将軍足利義輝から重臣三好長慶に下賜され、やがて織田信長の手に渡る。
姉川の戦いの功により信長から授けられた徳川家康は、長篠の戦いの戦功として奥平信昌に与えた。
その後は、信昌の末子で家康の養子にもなった松平忠明が所持し、そのまま忠明の家系(武蔵国忍藩(おしはん))が所蔵したまま、明治年間を迎えた。
大正年間には、同家から売り立てに出されたものを愛刀家として知られる伊東巳代治(みよじ)伯爵が買い受けて愛蔵した。
関東大震災の際には保管されていた蔵が倒壊し、瓦礫の下敷きとなって刀身が曲がるという被害を受けたが修復され、以後も伊東伯爵家によって所蔵された。
伊東伯爵の死後、1939年(昭和14年)に旧帝室博物館(現東京国立博物館)に買い上げられることとなり、その際に提示された買上価格、
6萬圓(現在の貨幣価値に換算すると、約3,000万円)はそのあまりの高額さ故に世間の話題となった。
1941年(昭和16年)、遺族からに正式に帝室博物館に譲渡された。戦後も引き続き東京国立博物館で所蔵されている

コメント Edit

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照 画像を非表示

  • 実装するのかな? -- 2015-03-26 (木) 18:46:08
お名前:

  URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White