Top > 尾山御坊→金沢城

尾山御坊→金沢城
HTML ConvertTime 0.022 sec.

加賀百万石前田利家公の居城

戦国時代から江戸時代にかけての梯郭式の平山城である

櫓や門に見られる、白漆喰の壁にせん瓦を施した海鼠(なまこ)壁と屋根に白い鉛瓦が葺かれた外観、
櫓1重目や塀に付けられた唐破風や入母屋破風の出窓は、金沢城の建築の特徴である。

この地は加賀一向一揆の拠点で浄土真宗の寺院である「尾山御坊(おやまごぼう、または御山御坊)」であった。
寺とはいうものの大坂の石山本願寺(大坂御坊)と同じく石垣を廻らした城ともよべる要塞でもあった。

利家は文禄元年(1592年)から改修工事を始め、曲輪や堀の拡張、5重の天守や櫓を建て並べた。
兼六園は、加賀藩五代藩主前田綱紀が金沢城に付属してつくらせた大名庭園である。