Top > 萩城

萩城
HTML ConvertTime 0.022 sec.

城情報 Edit

関ヶ原の戦いに西軍の総大将に就いたことにより周防国・長門国の2ヶ国に減封された毛利氏が、広島城に代わる新たな居城として慶長9年(1604年)に築いた城。完工は慶長13年(1608年)だが、築城者である毛利輝元は、慶長9年12月に未完成のまま入城していた。
指月山の山麓にある平城(本丸・二の丸・三の丸)と山頂にある山城(詰丸)で構成されている。本丸の御殿は藩主居館と政庁を兼ねており、250年余りの間、長州藩(萩藩)の拠点であったが、明治7年(1874年)前年に発布された廃城令により櫓など他の建物と共に破却され、石垣や堀(水堀)のみが現存している。現存していた頃の姿は解体前に撮影された古写真[2]で見ることができる。現在、二の丸土塀や三の丸総門など一部は復元されている。さらには、破却された天守など建物の復元を行う動きもあるが、財源の問題で難しくなっている。
現在は指月公園として整備され、二の丸入口近くに旧厚狭毛利家萩屋敷長屋が現存し、松下村塾や侍屋敷などとともに萩市の観光名所となっている。
別名指月城
国の史跡及び重要文化財として指定されている。

所在地山口県萩市堀内字旧城1-1
現存状態長屋、石垣、堀
城郭構造梯郭式平城、山城

コメント Edit

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照 画像を非表示

  • 日本海側で交通・気候その他諸々不便な萩の地に毛利氏の居城が置かれた理由は「防府か山口を本拠地にしたかったが、徳川が難色を示したため」であるという曰くつきの城である。実際、幕末期になると藩主毛利敬親は討幕を決意したのちに幕府に無断で山口へ転居している。 -- 2015-02-19 (木) 00:58:09
お名前:

  URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White